便秘による腹痛を解消する方法

便秘が原因の腹痛を解消するための2つの方法

便秘,腹痛,解消法

便秘が重症化して便がお腹にたまってくると、胃腸の周りの血管や内蔵を圧迫するなどで腹痛が起こります。

 

下腹部がキリキリと痛んだり、ふとした瞬間にズキッとすることも…。

 

私は特にご飯を食べた後や、トイレでいきんだ時にズキっと痛みを感じていました。

 

腹痛の症状が出るほどに便が腸内にたまってしまっていると、内蔵は想像以上にダメージを受けている可能性があるので、無理は禁物。

 

安易に下剤に頼って無理やり便を出そうとすると、激しい腹痛に襲われる挙句に全く出ない…というケースもあります。…私はコー○ックでそうなりました(泣)

 

ここでは、私が気に入っている便秘による腹痛のたった2つの解消法を紹介します!
超簡単なので、是非参考にしてください。


便秘による腹痛に冷えは厳禁!お腹を温めよう!

便秘による腹痛があるときに、冷たい飲み物や食べ物は厳禁です。

 

とにかくお腹を冷やさないことが大切。

 

腹痛を伴う便秘は、便がカチカチに固まっていて、ウサギのフンのようにコロコロしているケースが多いので、まずは便を柔らかくしましょう!

 

そこでオススメなのが白湯です。

 

便秘,腹痛,解消法

 

お水をレンジで約1分半、温めて飲みましょう♪

 

温かいお湯は便を柔らかくし、胃腸を活発にする効果があるんです。

 

逆に熱すぎても、お腹がびっくりしてしまうので、飲んでホッとするくらいの温度。お腹が温まるな〜と感じるくらいの熱さがベストです。

 

細胞は温度が高いほど活発に動きますが、冷たいと逆に働きが弱くなります。

 

冷たい飲み物は、お腹がびっくりして腹痛を悪化させる他にも、内蔵冷え性などの便秘の原因になる可能性があります。

 

このように胃腸が弱っている時には、冷たさやカフェイン、炭酸等の刺激の強いものは控えたほうが良いでしょう。

 

ココアやホットミルクも、腹痛の緩和や便秘解消効果があるのでオススメですが、カロリーを考えると1日1杯が目安です。

 

その点、白湯はお水なので、カロリーオーバーの心配が無いのが良いです!
腹痛の緩和とともに便秘解消にも効くのでおすすめ!なにより1番手軽です(笑)是非やってみてください!

 

お腹を温めるマッサージで、便を排出しやすくしよう!

腸に長い期間たまっている便は、腐敗して有毒なガスを発生させています。
このガスが体内に充満していることで、血管や内臓を圧迫して腹痛となってしまっているのです。

 

つまり、腹痛を解消するには、腸内に充満している便とガスを出すしかありません。

 

そこで良かったのが超簡単なお腹のマッサージ方法。

 

おへその周りを時計回りにぐるぐると撫でるだけ!!!
こんな↓

 

便秘,腹痛,解消法

 

シンプルですが、これが結構効果あります!

 

ポイントとしては、1分程度はマッサージを続けること。摩擦でだんだんお腹が温まってきます。

 

お腹が温まることで腹痛を軽減し、また時計回りにぐるぐるとマッサージすることで、腸内のガスが抜けやすくなります。

 

1分間続けると、便意を催してくることもあるので、そうなったらすぐにトイレに行きましょう♪
オナラでも便でも、とにかく出すことが大切!!!!

 

はじめは便意を感じてもオナラや、ほんのちょっとの便しか出ないかもしれませんが、少しでも身体の外に出してあげることで、内蔵や血液の圧迫が軽減され、腹痛も改善されてきます。

 

簡単ですぐにできる方法なので、是非試してみてくださいね!

 

関連ページ

便秘による吐き気の緊急対処法!吐き気がある便秘は危険!
頑固な便秘が原因となって吐き気を催すケースは多くありますが、いざ吐き気を感じたらどのように対処したら良いのでしょうか?通勤中や職場で吐き気を感じたらと思うと不安になりますよね。ここでは、今すぐできる吐き気の対処法を紹介します。
便秘に効く運動でスッキリ!どこでも簡単にできるのでおすすめ!
便秘の解消に不可欠なのが運動。運動といっても、ランニングなどの激しい運動ではなく、家で簡単にできるような運動で十分便秘の解消に効果的です。毎日手軽に続けられる運動法で、頑固な便秘をスッキリさせましょう!
一週間出ない便秘におすすめの解消法!今すぐできる!
便秘が一週間以上も続いていると、かなり便秘が重症化している可能性があるので、すぐに対策することが大切。大きく生活リズムを改善する必要があります。ここでは、一週間以上続く便秘におすすめの解消法を紹介します!
腸閉塞(イレウス)の予防!今すぐできる3つの方法
便秘を放っておくと、硬くなった便が腸に詰まり、腸閉塞(イレウス)を引き起こします。腸閉塞になると激しい腹痛が遅い、最悪死に至る危険もあるため、日ごろからしっかり予防することが重要です。ここでは、腸閉塞を予防する3つの方法を紹介します。