便秘になりやすい落下腸はマッサージをしよう!

落下腸マッサージで便秘を予防!知っておきたいマッサージ方法

落下腸,解消,便秘,マッサージ

 

落下腸は、生まれつきのや体質的なものが原因となっているために、

 

落下腸そのものを治すことは今のところ難しいとされています。

 

しかし、マッサージによって、便がたまってしまう状態を予防することはできます。

 

便が腸にたまるのを防ぐことで、落下腸の状態も最小限にとどめることができるのです!!

 

便がたまったままにしておくと、便の重さで腸がのびて、さらに便がたまりやすくなったり、腸がお腹の下まで垂れ下がってぽっこりお腹が目立つようになってしまいます。

 

ここでは、今すぐ出来る簡単「落下腸マッサージ」をご紹介するので、定期的に行って、便がスムーズに出るようにサポートしてあげてください!


寝っ転がりながら出来る♪落下腸マッサージ!!

寝っ転がりながらできるので、朝起きてからや、夜寝る前などに手軽に行えます♪

  1. 仰向けになり、両ひざを立てます。
  2. 腰の下にクッションを敷き、10センチ程度浮かせます
  3. 恥骨からおへそにむかって、腸を押し上げるようにマッサージします。
  4. 約1分間続けます。
  5. 次は、おへそから恥骨むかってマッサージします。
  6. 腸を左右に揺らすように、両手で押してください。
  7. 約1分間続けます。
落下腸,解消,便秘,マッサージ 落下腸,解消,便秘,マッサージ

これを1日2回行うと効果的。
なので、朝と夜が一番やりやすいんじゃないでしょうか♪

 

ベッドの中でも行えるので、ぜひ試してみてください!

 

マッサージをしていてお腹がゴロゴロいいはじめたら、我慢せずにすぐトイレに行ってくださいね!

 

すぐに排便がなかったとしても、ポッコリお腹を軽減させる効果もあります。

 

落下腸を重症化させないために気を付けること

落下腸は、通常の腸よりもはるかに便がたまりやすく、便秘になりやすい体質です。

 

マッサージ以外にも、普段から便をためないように意識しておくことが大切。

  • ジャンクフードを食べすぎない
  • 歩くときはテンポよく生き生きと歩く
  • 睡眠を十分にとり、朝は早起き
  • 悩み事を引きずったり無駄にイライラしない
  • 猫背になっていないか、正しい姿勢を意識する

便秘の原因はほぼ普段の生活習慣にあります。

 

ちょっとした悪い習慣に気を付けるだけでも、腸には大きな影響を与えるので意識してみてくださいね!

トレーニングで落下腸を治す!?筋トレでポッコリを解消!

一般的に完治しないと言われている落下腸ですが、お腹の周りの筋肉をトレーニングすることによって腸の落下を軽減できるとも言われています。

 

お勧めなのは、

  • お腹を左右にねじるストレッチ
  • 仰向けになって腰でお腹を持ち上げるトレーニング
  • 仰向けの状態から足だけを持ち上げてキープするトレーニング

などです!

 

筋トレやトレーニングを行う時は、呼吸を止めずに気持ちよく行うよう意識してください。

 

呼吸を止めていきんでしまうと、逆に筋肉が緊張してしまって良くないので、リラックスしながらにしましょう♪

関連ページ

便秘による吐き気の緊急対処法!吐き気がある便秘は危険!
頑固な便秘が原因となって吐き気を催すケースは多くありますが、いざ吐き気を感じたらどのように対処したら良いのでしょうか?通勤中や職場で吐き気を感じたらと思うと不安になりますよね。ここでは、今すぐできる吐き気の対処法を紹介します。
便秘による腹痛を改善するたった2つの解消法
頑固な便秘の症状の1つに腹痛があります。便秘による腹痛があるときは、胃腸が弱っているので特に注意しないと便秘がどんどん悪化しやすくなっていきます。ここでは、今すぐ出来るたった2つの便秘による腹痛の解消法を紹介します。
便秘に効く運動でスッキリ!どこでも簡単にできるのでおすすめ!
便秘の解消に不可欠なのが運動。運動といっても、ランニングなどの激しい運動ではなく、家で簡単にできるような運動で十分便秘の解消に効果的です。毎日手軽に続けられる運動法で、頑固な便秘をスッキリさせましょう!
一週間出ない便秘におすすめの解消法!今すぐできる!
便秘が一週間以上も続いていると、かなり便秘が重症化している可能性があるので、すぐに対策することが大切。大きく生活リズムを改善する必要があります。ここでは、一週間以上続く便秘におすすめの解消法を紹介します!
便秘による腸閉塞(イレウス)の予防!今すぐできる3つの方法
便秘を放っておくと、硬くなった便が腸に詰まり、腸閉塞(イレウス)を引き起こします。腸閉塞になると激しい腹痛が遅い、最悪死に至る危険もあるため、日ごろからしっかり予防することが重要です。ここでは、腸閉塞を予防する3つの方法を紹介します。