妊婦さんに便秘が多いのはなぜ?

妊娠すると便秘になりやすくなるのはどうして!?

妊婦,便秘,原因

 

妊娠してから便秘になってしまった…!というあなた。

 

実は妊婦さんはとっても便秘になりやすく、今まで便秘と無縁だったのに妊娠してから便秘になるというケースは珍しくありません。

 

しかし、妊娠中はむやみやたらに下剤も飲めませんし、過度な運動も難しい。…かといってそのままにはしておけません。

 

まずは、なぜ妊娠すると便秘になりやすいのか、また、自分はどんなタイプの便秘なのかを把握し、

 

自分に合った対処法で解消していきましょう!


妊娠中の便秘に良く見られる症状

 

「あれ?便秘かな…?」と思ったら、早めに医師に相談しておきましょう。

 

放っておいて便秘が重症化すると、どんどん便がカタまって痔になることがあります。

 

また、切迫流産、早産などのに起こる子宮収縮が、便秘による腸の収縮と似ていて区別がつきにくいこともあり、妊婦さんが間違った判断をしてしまう恐れもあります。

 

妊婦さんの便秘によくみられる症状は以下のようなものがあります。

 

お腹が張って苦しい

便秘になると、腸内にたまったガスや便によってお腹が張って苦しくなったり、腹痛がおこることがあります。

 

これは妊娠中でなくてもそうなんですが、妊娠中はお腹に子供がいる分、さらにお腹が張って苦しくなってしまうんです。

 

さらにガスや便が腸にたまったまま放っておくと、お腹以外にも頭痛や腰痛、吐き気などがでることがあります。

 

貧血になりやすくなる

妊娠中は血液の水分量が増えることによって、貧血をおこしやすい傾向にあります。

 

これが、便秘が続くと、便に含まれていた水分を余計に体内に吸収してしまい、さらに貧血を起こしやすくなってしまうのです。

 

貧血気味になると身体を少し動かしただけで胸がドキドキしたり、朝起きるのが辛くなったり、倦怠感や疲れやすくなるといった症状が出ます。

 

便がコロコロとしていてカタくなる

便が長い期間腸内にとどまっていると、便の水分が体内に吸収されてどんどんカタくなっていきます。

 

そして便意を感じてトイレにいくとウサギの糞のようなコロコロとした便が出てくるのです。

 

コロコロ便をいきんで出そうとすると痔になりやすいので、気を付けてくださいね!

 

まだ出そうなのに出ない残便感

毎日排便があったとしても、便意を感じてトイレにいっても少量しか出ず、まだ出そうなのに出ない…という状態であれば便秘といえます。

 

 

妊娠中は身体がデリケートなので、少しでも便秘かな?と感じたらすぐに対処することが重要です。

 

便秘は1度慢性的になると繰り返すことが多く、腸内環境が悪化すれば身体に様々な不調が起こります。

 

改善が難しくなる前に、原因を理解して、その原因にあった対処法を実践しましょう!

便秘を抱える妊婦が知っておきたい、便秘の原因

妊婦,便秘,原因

 

妊娠すると便秘になりやすくなる原因は以下のようなものがあります。

 

ホルモンバランスの影響

妊娠すると女性ホルモンが多く分泌されるようになりますが、その影響で腸の活動が低下しやすい傾向になります。

 

便は、腸のぜん動運動によって肛門へ運ばれて排出されるので、女性ホルモンによって腸の活動が低下すると便がなかなか肛門まで運ばれず、便秘になりやすくなるのです。

 

過去に、「生理の一週間前になると便秘ぎみになる」という経験がある人は、なおさら便秘になりやすいかもしれません。

 

子宮が腸を圧迫

お腹の中の赤ちゃんが成長すれば子宮も大きくなり、その近くにある腸も圧迫されます。

 

腸が圧迫されると、便の通り道である腸管が狭くなるので、便がたまりやすいんですね。

 

食物繊維などの栄養素をしっかり補うことが重要です。

 

水分不足になりがち

つわりの時期は特に、食べ物が食べずらくなる為に水分を多めに摂取しますよね。
これで一見、水分補給は十分かと思われがちなんですが、

 

私たちは食事からも約1リットルほどの水分を体内に取り込んでいるんです。

 

つわりで食事が十分にとれない場合は、食事の分の水分も補う気持ちで水分摂取をしないと、なかなか身体に十分な量の水分をとることは難しいのです。

 

だからと言って、一度に大量の水を飲むことは身体によくありません。

 

少しずつ、ちまちまと飲むのがポイントですよ!

 

骨盤のゆがみ

妊娠中期から後期にかけて、子宮が大きくなってくると身体の臓器を支えている骨盤が徐々に下にさがってしまうという現象があります。

 

骨盤が下がることによって腸が圧迫され、便が排出されにくくなるんです。

 

また、出産後に太りやすい体質になってしまうのも、この骨盤が下がることが原因とされています。

 

ストレス

妊娠中はホルモンバランスの関係もあり、精神的にもデリケート。

 

ストレスを感じやすくなるタイプの妊婦さんもいます。

 

しかし、腸はストレスのダメージを直に受けてしまう臓器なので、注意が必要です。

 

喜怒哀楽が大きいことは腸にとって良いことではありますが、イライラやマイナス思考が続くと便秘の原因です。

 

精神的にリラックスしたり、生き生きと過ごすことは、腸の活動の活性化にもつながるので、妊娠中は特に意識することをお勧めします!

 

妊娠中は下剤が使えないので、食事や適度なストレッチがおすすめ!

精神的にも肉体的にもデリケートになると、「家に閉じこもって安静にしていたい」という気分になるかもしれませんが、妊婦さんであっても運動不足は体に良くありません。

 

簡単なストレッチやマッサージなどで体をほぐしたり、便秘対策を意識した食事、ストレス発散などで便秘にならない体づくりをしていきましょう!

 

また、病院に相談すれば、妊婦さんでも服用できる便秘薬を処方してもらえることもあります。
薬に頼るとまた繰り返してしまうのが便秘ですが、心配になるようなら早めに病院に相談しておくことが大切ですよ!

 

妊婦さんや赤ちゃんの便秘むけの、天然オリゴ糖なども個人的にはおすすめです!

関連ページ

便秘の妊婦さん必見!今すぐできる5つの便秘解消法!
妊娠中は便秘になりやすく、今まで便秘じゃなかった人も妊娠してから便秘になってしまうケースが多くあります。妊婦さんは体も心もデリケートなので、簡単にできる便秘解消法がおすすめです。ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘解消法を紹介します。
妊娠中に食べたい!便秘に効く7つの食べ物!
妊娠中に便秘になると下剤などの薬に頼れないので、普段の食生活がとても重要になってきます。便秘に効く食べ物の中でも、妊婦さんにおすすめなのが栄養価の高く消化に優しい食べ物。今回は、便秘の妊婦さんにおすすめな食べ物を紹介します。
妊娠中の便秘は飲み物で解消!便秘の妊婦さんにおすすめ!
妊娠を機に便秘になってしまうという妊婦さんは多くいますが、妊娠中は飲み物で便秘を解消するのがおすすめです!無理に運動したり食べたりするのが難しいときは、飲み物が手軽に摂取できるからです。ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘に効く飲み物をご紹介します!
妊娠中に便秘薬を飲むとどうなる!?便秘薬の危険
妊娠してから便秘に悩まされている妊婦さんは多くいますが、妊娠中に便秘薬の服用は禁止されています。また、下剤作用のある便秘茶やサプリメントも、便秘薬と同じ効果があるので注意しましょう。ここでは、なぜ妊婦さんが便秘薬を服用できないのかを紹介します。
妊娠中の吐き気は便秘が原因…!?知っておきたい便秘の知識
妊娠中におこる吐き気は、つわりのせいだと考えるのが通常ですが、実は便秘が原因で吐き気がおこることがあります。妊娠すると便秘が悪化しやすいために、便秘によって吐き気がおこってしまうのです。今回は、妊娠中の便秘と吐き気の関係について紹介します。
妊娠中の便秘が1週間以上続いたら危険!今すぐできる解消法!
妊娠中は便秘になりやすく、1週間以上も便が出ていない状態が続くことがあります。妊娠中は特に、便秘は悪化しやすいため、1週間も放っておくとかなり頑固な便秘になってしまっているため、早急に対策を取る必要があります。ここでは、一週間以上も便秘が続く妊婦さんにおすすめの便秘解消法を紹介します。
妊娠中の腹痛は便秘が原因?知っておきたい腹痛の見分け方!
妊娠するとつわりや腹痛がおきますが、同時に便秘による腹痛も起こることがあります。妊娠中は便秘になりやすい状態のため、便秘の腹痛には注意が必要です。今回は、妊娠中の腹痛の見分け方を紹介していきます。
妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因と、今すぐ出来る解消法!
妊娠中に便秘と下痢を繰り返すと、お腹の赤ちゃんに影響がないのか心配になりますよね。妊娠すると便秘になりやすいことは有名ですが、同じように下痢に悩まされる妊婦さんも少なくありません。ここでは、妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因と解消法を紹介します。
妊娠中の便秘にお茶は危険?!便秘に効くお茶と危険なお茶
妊娠中の便秘にはお茶が効くと言われていますが、お茶の種類にはさまざまなものがあり、中には妊娠中に飲んではいけないとされるお茶もあります。特に便秘茶には注意が必要。ここでは便秘に効くお茶と、妊娠中に飲めない便秘茶についてお話します。