妊娠中の便秘と下痢を解消する方法

便秘と下痢を繰り返す妊婦さんにおすすめの解消法

妊娠,便秘,下痢,繰り返す

 

妊娠中便秘になりやすいことは有名ですが、同じように下痢に悩まされる妊婦さんも少なくありません。

 

また、便秘と下痢を繰り返す症状も見られます。

 

便通異常が激しくなると、お腹の赤ちゃんに悪影響は無いのか心配になりますよね。

 

特に、妊娠初期は流産に注意が必要なため、便秘や下痢を繰り返すと精神的にも不安を抱える人が多いようです。
便通異常にはいくつかの原因があるめ、しっかり把握して改善していきましょう!!


妊娠中に便秘や下痢になる主な原因

 

妊娠すると、黄体ホルモンが多量に分泌され、このホルモンによって腸の活動や抑制されます。
腸の活動が停滞すると、便を肛門まで運ぶぜん動運動の力が弱まり、便秘になりやすい状態になるのです。

 

また、赤ちゃんの成長に伴って子宮が大きくなると、骨盤が下がるなどして付近の腸を圧迫し、便の通り道を狭めてしまいます。

 

便秘の原因は基本的に普段の生活習慣の中にありますが、
妊娠時には以上のような理由で、普段よりも便秘になりやすい状態になってしまうんですね。

 

 

また、妊娠中に下痢を繰り返す原因は、以下のようなものがあります。

  • 自律神経の乱れ
  • 食生活の変化
  • 重度な便秘

 

ストレスや不規則な生活に注意

自律神経の乱れは、便秘の原因でもありますが、簡単にいえば「ストレスや生活習慣」が原因となります。
ストレスホルモンが、自律神経のバランスを崩してしまうのです。

 

そもそも、
食べ物が胃に入ると、自律神経が脳に信号を送り、また脳から自律神経を介して腸に運動命令が下ります。
そして、腸がぜん動運動し始めます。

 

しかし、ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、この信号がうまく伝達しなくなります。

 

食べ物が胃に入ってきても腸が全く動かなければ便秘になりますし、逆に過剰に運動しすぎれば下痢になる…というわけですね。

 

つわりによる水分不足に注意

つわりや下痢が続くと、どうしても水分不足になりがちです。

 

水分不足は、便を硬くするので便秘の原因にもなります。こまめに水分補給を意識しましょう。

 

また、水は冷やさずに常温か、温かい白湯にし、内臓を冷やさないことが大切です。
ポイントとしては、食後45分ほど時間をおいてから、チマチマと水を飲むのがおすすめですよ。

 

食後すぐに大量の水分を摂取すると、消火液が薄まり消化不良を起こす可能性があるので、注意してください!

 

重度の便秘に注意!

便秘が重症化して腸が便やガスでパンパンになっていくと、身体が腸内の有害物質を出すために下痢をすることがあります。

 

この場合、最初にコロコロした便がでて、そのあとに下痢…というパターンです。

 

いずれにしても便秘によって腸内環境がかなり悪い状態になってしまっているので、
胃腸に負担をかけない食事や生活が重要になってきます。

 

便秘や下痢を繰り返すのは赤ちゃんに影響ないの?

妊娠,便秘,下痢,繰り返す

 

酷い下痢が続くと流産を心配する妊婦さんは多いようですが、結論は赤ちゃんにほとんど影響はありません。

 

下痢がひどいからと言ってイコール流産というわけではないので。

 

ただ、便秘が続けば、腸内に有毒なガスが充満し、血液中に溶け出して体を巡ってしまいます。
血行不良の原因にもなりますし、目に見える影響は無かったとしても、決して赤ちゃんに良いとは言えませんので、妊娠中の便秘はなるべく早く解消することをお勧めします。

 

また、下痢が続く時は胃腸がとても弱っています。
栄養をしっかり吸収して赤ちゃんに届けるためにも、胃腸に優しい食生活や、生活習慣を心がけてください。

こんな症状が出たらすぐ病院へ!!

  • 下痢が1週間以上ずっと続いている
  • 継続的な痛みがある
  • 体温が下がっている
  • お腹が締め付けられるような痛み
  • 血便
  • 急に細い便しか出ない

これらに当てはまる場合は大きな病気や流産の予兆の可能性があります。
心配なことがあったらすぐに病院に相談しておきましょう!

今すぐ出来る!繰り返す便秘と下痢の解消法!

 

食生活編

  • キウイフルーツやパイナップル、リンゴや納豆などの消化酵素がたっぷり含まれる食品を、食後30分以内に食べる。(食べすぎるとお腹が冷えるので注意!キウイは1度に1個)
  • 水分をこまめにとる。
  • ホットミルクやホットココア、温めた豆乳などを毎朝1杯飲む。
  • うどんやバナナなど消化に優しい食事内容にする。
  • 野菜は水溶性食物繊維を中心にとる。
  • 乳酸菌やオリゴ糖、ビフィズス菌やクエン酸などの腸内環境を整える成分を意識してとる。

 

生活編

  • 毎朝ゆっくりトイレに行く習慣をつける。
  • お腹を冷やさないように注意する(お腹が大きくなると毛穴が開いて冷えやすくなる)。
  • 日が沈んだら寝て、日が昇ったら起きる生活を心がける。
  • ストレッチやヨガ、呼吸法などで適度に身体を動かす。
  • ストレス解消できる趣味をみつけ、笑ったり生き生きと過ごすことを心がける。

 

以上のことを意識して生活してみてください!!
お腹を冷やさないように意識したり、温かいものばかり食べるようにするだけでも、全然楽になりますよ!!!

関連ページ

妊娠中は便秘になりやすい!?妊婦さんならではの便秘
今まで便秘とは無縁だったのに、妊娠してから急に便秘になってしまったというケースは多くあります。実は、妊娠中は便秘になりやすい傾向にあるのです。しっかり原因を抑えて、便秘対策をしましょう!
便秘の妊婦さん必見!今すぐできる5つの便秘解消法!
妊娠中は便秘になりやすく、今まで便秘じゃなかった人も妊娠してから便秘になってしまうケースが多くあります。妊婦さんは体も心もデリケートなので、簡単にできる便秘解消法がおすすめです。ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘解消法を紹介します。
妊娠中に食べたい!便秘に効く7つの食べ物!
妊娠中に便秘になると下剤などの薬に頼れないので、普段の食生活がとても重要になってきます。便秘に効く食べ物の中でも、妊婦さんにおすすめなのが栄養価の高く消化に優しい食べ物。今回は、便秘の妊婦さんにおすすめな食べ物を紹介します。
妊娠中の便秘は飲み物で解消!便秘の妊婦さんにおすすめ!
妊娠を機に便秘になってしまうという妊婦さんは多くいますが、妊娠中は飲み物で便秘を解消するのがおすすめです!無理に運動したり食べたりするのが難しいときは、飲み物が手軽に摂取できるからです。ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘に効く飲み物をご紹介します!
妊娠中に便秘薬を飲むとどうなる!?便秘薬の危険
妊娠してから便秘に悩まされている妊婦さんは多くいますが、妊娠中に便秘薬の服用は禁止されています。また、下剤作用のある便秘茶やサプリメントも、便秘薬と同じ効果があるので注意しましょう。ここでは、なぜ妊婦さんが便秘薬を服用できないのかを紹介します。
妊娠中の吐き気は便秘が原因…!?知っておきたい便秘の知識
妊娠中におこる吐き気は、つわりのせいだと考えるのが通常ですが、実は便秘が原因で吐き気がおこることがあります。妊娠すると便秘が悪化しやすいために、便秘によって吐き気がおこってしまうのです。今回は、妊娠中の便秘と吐き気の関係について紹介します。
妊娠中の便秘が1週間以上続いたら危険!今すぐできる解消法!
妊娠中は便秘になりやすく、1週間以上も便が出ていない状態が続くことがあります。妊娠中は特に、便秘は悪化しやすいため、1週間も放っておくとかなり頑固な便秘になってしまっているため、早急に対策を取る必要があります。ここでは、一週間以上も便秘が続く妊婦さんにおすすめの便秘解消法を紹介します。
妊娠中の腹痛は便秘が原因?知っておきたい腹痛の見分け方!
妊娠するとつわりや腹痛がおきますが、同時に便秘による腹痛も起こることがあります。妊娠中は便秘になりやすい状態のため、便秘の腹痛には注意が必要です。今回は、妊娠中の腹痛の見分け方を紹介していきます。
妊娠中の便秘にお茶は危険?!便秘に効くお茶と危険なお茶
妊娠中の便秘にはお茶が効くと言われていますが、お茶の種類にはさまざまなものがあり、中には妊娠中に飲んではいけないとされるお茶もあります。特に便秘茶には注意が必要。ここでは便秘に効くお茶と、妊娠中に飲めない便秘茶についてお話します。