便秘と妊娠初期の腹痛の違い

便秘?初期症状?流産?妊娠中の腹痛の見分け方

妊娠,便秘,腹痛,見分け方

 

妊娠中は便秘になりやすい状態のため、7割もの妊婦さんが便秘の悩みを抱えているといいます。

 

そんな便秘によって起こる症状の1つが、腹痛です。

 

腸にたまった便からガスがでて腸内に充満し、お腹が張るような痛み。

 

また、腸内で水分を失ったコロコロ便が周囲の内臓を圧迫するズキズキ、キリキリとした痛み。

 

 

いずれにしても辛い症状ですが、
妊娠中は、便秘以外にも腹痛が起こることがあります。

 

それは、妊娠の初期症状による腹痛。

 

そして、流産の疑いのある腹痛です。

 

 

妊娠初期の腹痛は問題ないものですが、流産に関しては早期発見によって事態を深刻化させないこともできます。

 

そのためにも、便秘の腹痛とは何が違うのか、見分け方を知っておきましょう。


便秘・妊娠初期の腹痛と、流産の腹痛の違い

 

妊娠初期は、突然運動不足になったり、今まで使用していた便秘薬が使えなくなるなどで便秘になり始める人が少なくありません。

 

便秘による腹痛と妊娠の初期症状による腹痛は、それ自体に大きな問題はありませんが、
腹痛の種類によっては、流産のサインとなっていることがあります。

 

妊娠初期に起こる流産は、決して母体側に責任があるわけではないのですが、
確率は15%と高いために、誰でも用心が必要になります。

 

早めに対処することで妊娠を続けられるケースもあるので、分け方をしっかり押さえておきましょう。

 

 

妊娠初期は、子宮が大きくなろうとすることによって起こるもので、特に心配する必要はありません。
痛みは人によって様々で、中には強い痛みを感じる場合もありますが、一時的なものです。

  • おへその下当たりが外に張るような痛み
  • お腹から腰にかけての痛み
  • お腹に引っ張られるような痛み
  • 生理痛と似たような痛み
  • きゅっと軽い痛み

 

 

流産の場合の特徴は、以下のようなものです。

  • お腹がぎゅーっと締め付けられるような痛み
  • 継続的な痛み
  • おへその下当たりにズキズキとした強い痛み
  • 出血がある
  • 体温が下がっている
  • つわり等の妊娠症状がなくなる
  • 頭痛がする

流産による腹痛は、継続的な痛み、強い痛みが特徴で、
同時に出血や体温低下などの症状が出ます。

 

このような症状が出たら決して自己判断せず、すぐに病院へ行きましょう!

 

便秘による腹痛でも注意が必要な場合

妊娠,便秘,腹痛,見分け方

 

便秘の腹痛は、便秘を解消すれば治るのが基本ですが、大きな病気のサインとして、便秘が起こる場合は違います。

 

便秘をサインとする病気で代表的なのは大腸がん等がありますが、
抑えるべきポイントとしては

  • 毎回血便が出る
  • 息ができないほどの激痛がある
  • 嘔吐が続く
  • 急に細い便しか出なくなる

です。

 

ストレスによる重度な便秘で、似たような症状が出ることもありますが、気になったらすぐ病院へ相談することが大切です。

妊娠中の便秘による腹痛を改善する方法!

 

便秘による腹痛があるときは、とにかく消化に優しく、温かい食べものを食べることです。

 

つわりなどで食事が難しければ飲み物でも良いでしょう。

 

温かいものは腸内のカチカチ便を柔らかくほぐしたり、腸を温めることで活性化させることができます。

 

 

そして、イモ類やキノコ類、トウモロコシなどに含まれる不溶性食物繊維(消化されにくいもの)は避けましょう。

 

腹痛が無くなれば身体に必要な栄養素の一つですが、腹痛があるときには逆効果。
食べすぎると便秘の原因になるいわれています。

 

オクラや納豆、海藻やキャベツ、リンゴ、バナナなどの水溶性食物繊維を中心に食べる良いでしょう。

 

 

また、お腹を整える作用のあるビフィズス菌やオリゴ糖、クエン酸や乳酸菌を積極的に摂取することで、腹痛なく便秘を解消しやすいです。

 

サプリメントはトクホの天然オリゴ糖など、妊婦さんでも安心の「腸内環境を整える」系のものがおすすめ。
ドリンク系は排便時に腹痛が起こることもあるので避けたほうがいいですよ!

関連ページ

妊娠中は便秘になりやすい!?妊婦さんならではの便秘
今まで便秘とは無縁だったのに、妊娠してから急に便秘になってしまったというケースは多くあります。実は、妊娠中は便秘になりやすい傾向にあるのです。しっかり原因を抑えて、便秘対策をしましょう!
便秘の妊婦さん必見!今すぐできる5つの便秘解消法!
妊娠中は便秘になりやすく、今まで便秘じゃなかった人も妊娠してから便秘になってしまうケースが多くあります。妊婦さんは体も心もデリケートなので、簡単にできる便秘解消法がおすすめです。ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘解消法を紹介します。
妊娠中に食べたい!便秘に効く7つの食べ物!
妊娠中に便秘になると下剤などの薬に頼れないので、普段の食生活がとても重要になってきます。便秘に効く食べ物の中でも、妊婦さんにおすすめなのが栄養価の高く消化に優しい食べ物。今回は、便秘の妊婦さんにおすすめな食べ物を紹介します。
妊娠中の便秘は飲み物で解消!便秘の妊婦さんにおすすめ!
妊娠を機に便秘になってしまうという妊婦さんは多くいますが、妊娠中は飲み物で便秘を解消するのがおすすめです!無理に運動したり食べたりするのが難しいときは、飲み物が手軽に摂取できるからです。ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘に効く飲み物をご紹介します!
妊娠中に便秘薬を飲むとどうなる!?便秘薬の危険
妊娠してから便秘に悩まされている妊婦さんは多くいますが、妊娠中に便秘薬の服用は禁止されています。また、下剤作用のある便秘茶やサプリメントも、便秘薬と同じ効果があるので注意しましょう。ここでは、なぜ妊婦さんが便秘薬を服用できないのかを紹介します。
妊娠中の吐き気は便秘が原因…!?知っておきたい便秘の知識
妊娠中におこる吐き気は、つわりのせいだと考えるのが通常ですが、実は便秘が原因で吐き気がおこることがあります。妊娠すると便秘が悪化しやすいために、便秘によって吐き気がおこってしまうのです。今回は、妊娠中の便秘と吐き気の関係について紹介します。
妊娠中の便秘が1週間以上続いたら危険!今すぐできる解消法!
妊娠中は便秘になりやすく、1週間以上も便が出ていない状態が続くことがあります。妊娠中は特に、便秘は悪化しやすいため、1週間も放っておくとかなり頑固な便秘になってしまっているため、早急に対策を取る必要があります。ここでは、一週間以上も便秘が続く妊婦さんにおすすめの便秘解消法を紹介します。
妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因と、今すぐ出来る解消法!
妊娠中に便秘と下痢を繰り返すと、お腹の赤ちゃんに影響がないのか心配になりますよね。妊娠すると便秘になりやすいことは有名ですが、同じように下痢に悩まされる妊婦さんも少なくありません。ここでは、妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因と解消法を紹介します。
妊娠中の便秘にお茶は危険?!便秘に効くお茶と危険なお茶
妊娠中の便秘にはお茶が効くと言われていますが、お茶の種類にはさまざまなものがあり、中には妊娠中に飲んではいけないとされるお茶もあります。特に便秘茶には注意が必要。ここでは便秘に効くお茶と、妊娠中に飲めない便秘茶についてお話します。