一週間以上便秘が続く妊婦さんのための便秘解消法

妊婦さんにおすすめ!1週間以上続く便秘の解消法!

一週間,便秘,妊娠,解消法

 

今までは便秘じゃなかったのに、妊娠してから便秘になって、もう一週間…という方も多いんじゃないでしょうか?

 

もともと便秘の方は、妊娠したことによってさらに便秘が悪化することもあるでしょう。

 

妊娠中は、身体が便秘になりやすい状態にあるので、普段便秘じゃなかったとしても注意が必要になります。

 

一週間以上も続く便秘は、妊娠に関わらず、放っておくと危険な状態。

 

妊娠中はただでさえ身体がデリケートなのに、便秘を放っておくことで余計に耐えきれないほどの腹痛や腰の重み、吐き気の原因となっているんです!

 

かといって、妊娠中に腸のマッサージや絶食は難しい。

 

今回は、そんな妊婦さんにおすすめの、1週間の便秘に効く5つの解消法を紹介します!


まずは妊娠中の便秘の原因をチェック!一週間以上続く理由とは?

 

まず、妊娠に関わらず、一般的な便秘の原因は以下のようなものがあります

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 生活習慣の乱れ
  • 運動不足(老化)
  • 大きな病気のサイン

 

そして、妊娠中に便秘になる原因がこちら。

  • ホルモンバランスの変化
  • 水分不足
  • 運動不足
  • 子宮が大きくなることによる腸の圧迫
  • 骨盤が下がることによる腸の圧迫

妊娠すると、生理の1週間前に出る黄体ホルモンが多量に分泌されますが、
このホルモンの影響で腸の活動が抑制されてしまうことがあります。

 

生理前に便秘になりやすいのと同じように、
妊娠中もこの黄体ホルモンによって便秘になりやすくなります。

 

また、
妊娠初期は急に運動しなくなることによる運動不足や、
つわりによる水分不足が便秘の引き金となることがあります。

 

そして、赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなると、
その近くにある腸が圧迫されて便が通りずらくなります。

 

そして、子宮が大きくなることによって骨盤が下に下がったり、ずれたりすることによっても
便の通り道が圧迫されて詰まりやすくなり、便秘の原因です。

 

これらの要因に対策をすれば、便秘は解消されるというわけですね!

 

便秘が一週間以上続くとどうなる!?

 

妊娠したから身体を安静にしなきゃ!と思って全く外に出なくなったり、
ホルモンバランスの関係で腸が動きにくくなることで便秘は始まります。

 

便は、食べ物の残りカス…つまり生ものなので、
2日や3日腸の中に放置されるとすぐに腐ってしまいます。
その時に、有害なガス…つまりオナラが発生します。

 

オナラが腸に充満すると、腸内に悪玉菌が増え、
腸内環境を悪い状態にしてしまうのです。

 

腸内環境が悪くなると、腸の活動が弱まるのはもちろんですが、
栄養分の吸収時に、有毒なものまで吸収してしまい、
血行が悪くなったり、肩こりや腰痛、頭痛がおこったり、吐き気が起こったりします。

 

また、お肌のトラブルが増えてくるのもこのためですが、
何より身体に有害なガスを吸収することはお母さんから栄養をもらっている赤ちゃんによってもよくありません。

 

さらに、ハッピーホルモンといって幸福感ややる気を出すホルモンの95パーセント以上を作っているのが腸です。
妊娠中はただでさえホルモンバランスにより精神不安定になりがち。

 

腸内環境が悪くなることで、マイナス思考でイライラしやすくなり、
ストレスを感じやすくなってしまいます。

 

ストレスホルモンは腸にダイレクトにダメージを与えてしまい、
このダメージがさらに便秘の原因となるという悪循環に陥ってしまうと、平気で1週間以上便が出なくなったりします。

 

 

1週間以上続く便秘は、

  • 酷くお腹が張って苦しくなる
  • 吐き気がとまらない
  • 食欲がない
  • ストレスを感じやすい
  • 腰痛が酷い

などの様々な不調を引き起こします。

 

妊娠中はただでさえ身体がデリケートなので
便秘によって余計な負担を身体にかけてしまうのは避けたいものです。

 

一刻も早く、スッキリするために
今すぐできる解消法を紹介しますので参考にしてくださいね!

一週間以上続く便秘の妊婦さんにおすすめ♪5つの解消法!

一週間,便秘,妊娠,解消法

 

水分はこまめに目標2リットル摂取すること。

もちろん、無理に大量の水を飲むのは体に良くありませんが、
デトックスを意識してこまめに水分補給をするのは大切です。

 

1週間も便秘が続いているのであれば、腸内環境は悪くなり、
身体に有害物質が取り込まれてしまっている可能性が高いので、
それをおしっこと一緒に出すように、こまめに水を飲みましょう。

 

お水は冷やさずに常温で、
のどが渇く前に一口くちに含む様に飲むのがコツです。

 

温かい飲み物が便秘に効く!!

ホットミルクや、暖かい豆乳、ホットココアなどの飲み物は、
栄養価も高く便秘解消効果が高いです。

 

それぞれカロリーも高めなので目安は1日1杯。
自分が好きな飲み物を、朝食前か寝る前に飲むようにすると効果的。

 

豆乳は、イソフラボンが女性ホルモンを整えてくれるので、
ホルモンバランスによる便秘の緩和に繋がります。

 

ただし、くれぐれも飲みすぎは厳禁。1日200mmです。

 

飲み物については、こちらの記事を参考にどうぞ。
≫妊娠中の便秘は飲み物で解消!便秘の妊婦さんにおすすめ!

 

上記の記事でも参照していますが、
温かい飲み物を意識して飲むだけでかなり便秘も緩和されるはずです。

 

 

妊娠中の時の食べ物は便秘解消を意識して!

頑固すぎる便秘の解消法に「断食」がありますが、
それくらい胃腸を休ませることが重要だということになります。

 

しかし、妊娠中は栄養をしっかり補うことが大切。

 

赤ちゃんが大きくなっていれば、便の通り道も細くなってしまっているので
なおさら食事の内容は意識しなくてはなりません。

 

妊娠中に便秘を抱えるときは、消化に優しくて栄養価の高いものを中心に食べましょう。

 

例えば、アボカドや、納豆などの大豆食品。
ワカメやオクラなどのネバネバ系も便秘解消に効果的です!

 

注意してほしいのが、不溶性食物繊維が多く含まれる食べ物です。
イモやトウモロコシ、きのこなど。

 

これらは、普段はたくさん食べたほうが健康的で良いのですが、

 

頑固な便秘で腸が弱っているときは逆に便秘の元となることがあります。

 

消化されにくいのがその理由の一つですね。
食べすぎると腸にたまってそのまま便秘になってしまいます。

 

食事は、消化に優しく、栄養価の高い食べ物に徹しましょう!!
栄養素のポイントは

  • 水溶性食物繊維
  • 乳酸菌
  • オリゴ糖
  • マルチビタミン
  • カリウム

などです。

 

ヨガやストレッチで骨盤矯正!

いくら身体を安静にといっても、運動不足は良くありません。

 

血液の循環を良くするためにも、簡単なヨガやストレッチを
朝起きてからと、寝る前に行いましょう。

 

特に、骨盤矯正の効果がある体操は、便秘にも非常に効果的なので、ぜひ試してみてください。

ひねりポーズ(立ち)

  1. 立って肩幅に足を開きます。
  2. 右足を少し後ろにずらします。
  3. 息を吐きながらゆっくりと上半身を右にひねります。
  4. 息をゆっくりと吸いながら体をもとに戻します。(右足も元の位置に戻します)
  5. 今度は反対。左足を少し後ろにずらします。
  6. 息を吐きながらゆっくりと上半身をみだりにひねりましょう。
  7. 息を吸いながら、ゆっくりと身体を元の位置に戻します。

骨盤エクササイズが効く♪

一週間,便秘,妊娠,解消法

  1. まっすぐ立って、足を肩幅に開きましょう。
  2. 腰に手を当てて、腰を回します。
  3. 左回し10回、右回し10回おこないましょう。
  4. 腰だけを回すイメージで、足がなるべく動かないように意識しましょう。
  5. 左右10回ずつを×5セット(できる人は10セット)行えば、骨盤のゆがみに効果的です!

くれぐれも無理なスピードでやらないように!ゆっくり楽に行ってくださいね♪

ヨガやストレッチをしているときは、呼吸を止めないように注意しましょう!
呼吸を止めてしまうと筋肉に負担がかかりやすくなります!

 

便が出る時間帯は朝!を意識する

なかなか便が出ないからといって深刻に悩むことはありません。

 

放っておくのは危険ですが、対策をとっていればあとは楽しく生き生きと過ごすことが重要です。

 

また、胃腸の活動の中で最も排便活動が活発なのが午前中です。

 

朝起きたらトイレにいく習慣をつけ、
暖かい飲み物やストレッチも朝食前に行うようにしましょう。

 

私の場合は、
朝起きてお湯を1杯飲んで、ストレッチをしてから朝食。
そして朝食の後に便が出ました。

 

胃が消化吸収に忙しいときは排便活動が弱くなると言われているので、
朝はハチミツヨーグルトやシリアル、お豆腐とオクラなど、栄養価が高くて軽めのものを意識しました。

 

どうしても辛いときは病院へ

便秘は、大きな病気のサインでない限りは病院へいっても治ることはありません。

 

病院のお薬は体に必要なものを与えるのではなく、
とりあえず便を出すための薬だからです。

 

しかし、妊娠中は体への負担が大きくなると危険なので
腹痛や吐き気で辛いようであれば今回だけお薬に頼るもの一つの手でしょう。

 

病院では、市販の薬と違って腸内の便を柔らかくしてくれるお薬をくれます。
食生活を気を付けていれば、とりあえずは便は出やすくなります!

 

こちらの記事に、便秘薬や便秘サプリの選び方も参照しているので、参考にしてください。
≫妊娠中に便秘薬を飲むとどうなる!?便秘薬の危険


一週間続く便秘には妊婦専用の便秘サプリもおすすめ。

産婦人科医おすすめの、快適スルンという便秘サプリ。

 

便秘に効果的な成分が、
完全無添加で安心、安全に摂取できることはもちろん、
妊婦さんに嬉しい葉酸などの栄養素もさらに+で摂取できる妊婦さん専用のサプリです。

 

サプリメントといっても、見た目はお砂糖。
ヨーグルトや飲み物に混ぜて飲むだけ。

 

快適スルンの詳細は公式サイト↓をどうぞ。
≫妊婦の便秘に快適スルン!完全無添加で安全スッキリ

関連ページ

妊娠中は便秘になりやすい!?妊婦さんならではの便秘
今まで便秘とは無縁だったのに、妊娠してから急に便秘になってしまったというケースは多くあります。実は、妊娠中は便秘になりやすい傾向にあるのです。しっかり原因を抑えて、便秘対策をしましょう!
便秘の妊婦さん必見!今すぐできる5つの便秘解消法!
妊娠中は便秘になりやすく、今まで便秘じゃなかった人も妊娠してから便秘になってしまうケースが多くあります。妊婦さんは体も心もデリケートなので、簡単にできる便秘解消法がおすすめです。ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘解消法を紹介します。
妊娠中に食べたい!便秘に効く7つの食べ物!
妊娠中に便秘になると下剤などの薬に頼れないので、普段の食生活がとても重要になってきます。便秘に効く食べ物の中でも、妊婦さんにおすすめなのが栄養価の高く消化に優しい食べ物。今回は、便秘の妊婦さんにおすすめな食べ物を紹介します。
妊娠中の便秘は飲み物で解消!便秘の妊婦さんにおすすめ!
妊娠を機に便秘になってしまうという妊婦さんは多くいますが、妊娠中は飲み物で便秘を解消するのがおすすめです!無理に運動したり食べたりするのが難しいときは、飲み物が手軽に摂取できるからです。ここでは、妊婦さんにおすすめの便秘に効く飲み物をご紹介します!
妊娠中に便秘薬を飲むとどうなる!?便秘薬の危険
妊娠してから便秘に悩まされている妊婦さんは多くいますが、妊娠中に便秘薬の服用は禁止されています。また、下剤作用のある便秘茶やサプリメントも、便秘薬と同じ効果があるので注意しましょう。ここでは、なぜ妊婦さんが便秘薬を服用できないのかを紹介します。
妊娠中の吐き気は便秘が原因…!?知っておきたい便秘の知識
妊娠中におこる吐き気は、つわりのせいだと考えるのが通常ですが、実は便秘が原因で吐き気がおこることがあります。妊娠すると便秘が悪化しやすいために、便秘によって吐き気がおこってしまうのです。今回は、妊娠中の便秘と吐き気の関係について紹介します。
妊娠中の腹痛は便秘が原因?知っておきたい腹痛の見分け方!
妊娠するとつわりや腹痛がおきますが、同時に便秘による腹痛も起こることがあります。妊娠中は便秘になりやすい状態のため、便秘の腹痛には注意が必要です。今回は、妊娠中の腹痛の見分け方を紹介していきます。
妊娠中に便秘と下痢を繰り返すのは危険?!今すぐ出来る解消法!
妊娠中に便秘と下痢を繰り返すと、お腹の赤ちゃんに影響がないのか心配になりますよね。妊娠すると便秘になりやすいことは有名ですが、同じように下痢に悩まされる妊婦さんも少なくありません。ここでは、妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因と解消法を紹介します。
妊娠中の便秘にお茶は危険?!便秘に効くお茶と危険なお茶
妊娠中の便秘にはお茶が効くと言われていますが、お茶の種類にはさまざまなものがあり、中には妊娠中に飲んではいけないとされるお茶もあります。特に便秘茶には注意が必要。ここでは便秘に効くお茶と、妊娠中に飲めない便秘茶についてお話します。
妊娠中の便秘には寝る前のホットミルクが効く!妊婦さん必見!
妊娠すると便秘に悩まされる妊婦さんは多くいますが、寝る前に飲むホットミルクには便秘解消だけでなく、妊婦さんに嬉しい効果がたくさんあります。ここでは、寝る前に飲むホットミルクの驚くべき効果を紹介します。