吐き気を伴う便秘に要注意!その原因とは?

便秘がひどくなると吐き気が起こるのは何故か?知っておくべき3つの原因

便秘,吐き気,原因

 

便秘を放っておくと、気が付かない間に重症化し、吐き気をもよおすようになることがあります。

 

なんらかの原因で、胃が内容物を上に押し出そうとしてしまうのです。

 

便秘による吐き気は、放っておくと大きな病気につながりかねない危険信号・・・。

 

身体のSOSを見逃さずに、しっかり対策しておくことが重要ですよ!!

 

ここでは、便秘がちなら抑えて起きたい原因を3つご紹介します。


便秘による吐き気が大きな病気のSOS!?器質性便秘に注意!

まず、便秘と吐き気が同時におこっているときに一番注意したいのが、器質性便秘というものです。

 

便秘には大きく分けると機能性便秘と器質性便秘というのがあるんですが、

 

簡単に言うと、
機能性便秘の原因は生活習慣や食生活にあり、 

 

器質性便秘の原因は、胃腸や肛門などの臓器になんらかの疾患があることになります。

 

生活習慣が原因の機能性便秘であれば、食生活や生活習慣を改善していくことで吐き気は軽減され、便秘も解消されていきます。

 

ほとんどの場合は、この機能性便秘に悩まされていますね。

 

 

しかし、臓器に疾患がある器質性便秘による吐き気は、病院などの医学的な対処なしには改善することが難しいのです。

 

それほど、重大な病気や、のちに命に関わる危険性のある便秘ということです。

 

便秘とともに吐き気が来たら、真っ先に自分がどのタイプの便秘なのかを理解したほうが良いですよ。

 

便秘の種類はさまざまですが、大きな危険のある便秘には似たような特徴があるんです。

 

吐き気と便秘が同時に起こったら注意したい症状

  • 突然の便秘になる
  • 激しい胃痛がある
  • 血便が出る
  • 発熱がある
  • 吐き気だけじゃなく嘔吐する

以上のような症状が、便秘と併発している場合は、すぐに病院に相談しましょう!!

 

ポイントは、血便と発熱です。

 

腹痛や吐き気、突然の便秘は、機能性便秘でも十分起こり得る症状ですが(私は機能性便秘でしたが、血便以外は経験あります)

 

血便と発熱は、器質性便秘ならでは…、
大きな病気が隠れている便秘ならではの症状です。

 

 

器質性便秘がサインとなる代表的な病気を3つ上げると、

 

大腸がん

もともと欧米でよく見られた病気ですが、日本も食の欧米化が進んだためか、平成15年ごろから女性の死因第一位です。

 

腹膜炎

細菌感染によって腹膜が炎症を起こす病気です。便秘、発熱のほかにも嘔吐や、悪寒がするなどの症状が出ます。

腸閉塞(イレウス)

食べ物や便が通る腸管が、なんらかの原因でふさがってしまっている状態です。
がん、手術の影響、ヘルニアが原因となるケースがありますが、機能性便秘で固まった便によって引き起ることもあります。

 

 

他にも原因不明の病気から、婦人病まであげられますが、
いずれにしても、さまざまな症状+血便or発熱という様な特徴があります。

 

命に関わる重大な病気なので、心当たりがある場合はすぐに病院で診てもらいましょう。

 

もちろん、血便が出たからと言って絶対に大腸がんだというわけではありませんし、「血便で病院へ行ったけど問題ありませんでした」という方もいました。

 

あくまで目安なので、参考にしてみてくださいね。

吐き気の原因は便秘によって生まれた臭〜いガスだった!

便秘,吐き気,原因

さて、器質性便秘ではないアナタの吐き気の原因ですが、

 

それは便秘によって発生した有毒ガス。

 

 

 

つまり

 

 

 

オナラ!(やかましい)

 

 

 

 

オナラが原因なんです。

 

 

そもそも、なぜオナラが発生するのかというとですが、

 

私たちは食べ物を食べ、それらを胃でドロドロに溶かします。

 

そしてドロドロは腸へ運ばれ、ゆっくりと体に必要な栄養素や水分を吸収されていきます。

 

水分や栄養を吸収されて、ドロドロは次第に固形物になります。

 

こうして完成したのが便。

 

身体に必要なものを吸い取られた後の、食べ物の残りかすです。

 

 

食べる部分だけを切り取られた食材のようなものですね。生ごみです。
これが本来であれば、ゴミ収集車に運んで行ってもらうはず。

 

…そう、腸のぜん動運動によって肛門まで運ばれていくはずなんですが、
これが生活習慣やストレス、栄養不足によって、腸の運動が機能せず、腸内にとどまってしまいます。

 

これが便秘の状態ですね。

 

そして腸内にとどまった便…食べ物の残りカスは、時間が経つにつれ腐敗していきます。

 

腐敗すると、そこから嫌な臭いのガスが発生してしまうわけです。

 

 

生ゴミを数日放っておくと、ものすごい嫌な臭いですよね。

 

何日も便秘をしているということは、これと同じことが腸内で起こっているのです。

 

 

もちろん、そのガスは決して体に良いものではありません。

 

腸はあらゆる手段をつかって、腸内の有害なガスを体外に排出しようとします。

 

時にはオナラ。時には口臭として。

 

血液にまじって、体臭や皮脂として排出されることもあります。

 

そして、腸内の有害物を胃が察知し、排出しようとすると吐き気が起こります。

 

 

吐き気は、体内の毒物を出して体を守ろうとする働きなんです。

 

 

吐き気がおこる程、身体が有害物質をため込んでいる時に最も注意すべきこと!

便秘,吐き気,原因

有害なガスは、腸内環境を悪くさせて体に様々な不調を引き起こしますが、

 

吐き気が起こるというのは、腸内環境がかなり悪い状態になっている可能性が高く、これ以上そのままにしていると大きな病気に結びついてしまう可能性もあります。

 

もちろん、便秘による吐き気を改善するのに最も重要なのは、便秘を解消して腸内環境を良好に保つことです。

 

しかし。

 

最初に紹介した器質性便秘とは違って、今回の機能性便秘の場合は病院にいっても根本的な改善は期待できません。

 

なぜなら、機能性便秘による吐き気の原因は、日々の食生活であり、ストレスであり、生活習慣であるからです。

 

病院で薬をもらうが、下剤をもらおうが、原因となっている習慣を改善しないかぎりまた繰り返します。

 

 

この、機能性便秘による吐き気で一番気を付けたいのが、

 

下剤の服用です。(下剤作用のあるキャンドルブッシュなどのハーブや便秘茶も注意!)

 

下剤は、腸を刺激して無理やり排便させるもので、子宮や体に多少なりとも負担をかけて便を出すことになります。

 

 

何日も出ない場合は、最終手段として1回のみ使用するのは個人的にはアリかと思いますが、

 

何度も服用していると、腸が「自分が働かなくても便が出るぞ!?」と勘違いして、運動しなくなってしまいます。

 

つまり、下剤に頼ってばかりいると、かなり慢性的な便秘体質になってしまう危険があるのです。

 

 

現に、便秘による腸閉塞(イレウス)で命を落とした20代の女性は1年間便秘薬を使用していたといいます。
原因は、固まった便によって腸がふさがってしまったことのようですが、
少なくとも便秘薬を服用し続けることは便秘の解消には繋がらないということです。

 

あくまでその時だけの効果ってこと。

 

すぐ便秘薬に頼る人が多すぎますが、食事とちょっとした工夫でも案外すぐに効果は得られるものです。

 

 

長年の便秘から脱出できた私に言わせてもらうと、
大切なのは、自分の便秘には何が必要なのかを理解して、足りないものを集中して補うことです。

 

≫便秘による吐き気の緊急対処法!吐き気がある便秘は危険!

突然の便秘と吐き気に考えられる3つ目の原因

便秘,吐き気,原因

 

便秘気味かな〜?と思って放っておいたら頑固な便秘になっちゃった!

 

という人は吐き気に悩まされることも多いですが、

 

中には突然便秘になって、吐き気も併発しているというケースもあります。

 

この場合は、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れによる可能性が高いです。

 

 

自律神経は、腸内環境の悪化や、ストレス、寝不足などによって乱されてしまうことがあり、

 

自律神経が乱れると免疫力が下がって、風邪や花粉症などにかかりやすくなります。

 

また、自律神経が乱れると腸のぜん動運動が正確に行われなくなるために、突然便秘になったり、下痢になったり、吐き気をもよおしたりするのです。

 

自律神経の乱れはほとんどストレスからくるもので、ストレスもまた便秘や吐き気の原因となります。
便秘に心当たりがなかったのに、突然便秘と吐き気が併発している場合は、過度なストレスや、生活リズムの乱れなどを見直してみてください。

 

 

また、女性の場合は月経時のホルモンバランスの乱れによって便秘と吐き気がでることがあります。

 

特に、月経の1週間前は腸の働きが弱まり便秘になりやすくなります。

 

便秘になりやすくなるので、特に体や心に負担をかけないように意識しましょう。

吐き気と便秘の原因に合わせた正しい対処を心がけよう!

いかがでしたか?

 

吐き気の原因1つめは、
臓器の疾患による器質性便秘 → 病院へ!

 

原因2つ目は、
生活習慣や食生活の乱れによる機能性便秘 → 便をを出す&腸内環境の改善へ!

 

3つ目は、
ストレスなどによる自律神経やホルモンバランスの乱れ → 心と身体のケアを!

 

以上の3つの原因をご紹介しました。

 

器質性便秘は緊急性が高く、改善には病院での処置が必要とされますが、残りの2つの場合は逆に病院に頼れないところがあります。

 

いずれにしても、吐き気がひどい場合は一度病院に相談したほうがいいですが、
自分の症状にあった対策をすれば、早くてその日のうちに改善することができますよ!!

関連ページ

あなたも便秘!?便秘になると起こる症状とその原因
便秘とは、一体どんな状態を言うと思いますか?自分は便秘だと思いますか?便秘になると、意外な症状が次々と引き起こることがあります。もしかして、便秘とは関係ないと思っていた身体の不調にも便秘が関係しているかもしれません。便秘になると一体どのような症状が出るのでしょうか?
便秘に吐き気や腹痛を伴うのは何故?放っておくと危険…
便秘が続くと、便秘によって吐き気や腹痛が起こることがあります。吐き気や腹痛が起こる程の便秘はかなり重症化している可能性があるので、一刻も早い対処が必要です。どうして便秘によって吐き気や腹痛が起こるのでしょうか?
便秘と下痢、胃痛の関係。便秘と下痢を繰り返す原因とは。
しばらく続いた便秘から下痢になるという経験はありませんか?便秘と下痢を繰り返したり、頻繁に胃痛が起こるのは胃腸からのSOS。放っておくと大きな病気に繋がりかねない状態です。ここでは、便秘と下痢を繰り返す原因を紹介します。
便秘と腹痛の症状と原因に関して徹底解説!
便秘になると腹痛が起こるのは何故でしょうか?便秘によってお腹が痛くなるのは、そうとう症状が重症化している可能性があるので、はやめの改善が必要になります。ここでは、便秘と腹痛の関係をわかりやすく解説します。
便秘で一週間以上便が出ないとどうなるのか?
1週間以上も便秘が続くとどんな危険があるのでしょうか?便は本来、1日1回以上は排出されるものですが、一週間以上もお腹の中にあるということは、生ごみを一週間放置している状態と同じ。命の危険に繋がる病気にかかる可能性もあります。
頑固な便秘が続くと腸閉塞(イレウス)に要注意!最悪死の危険も
頑固な便秘が長い期間続くと、腸閉塞(イレウス)が発症する危険が高まります。腸閉塞(イレウス)は最悪の場合死亡に繋がる恐ろしい病気。たかが便秘と放っておかずに、早急に対処する必要があるのです。
便秘と下痢で腹痛が止まらない!過敏性腸症候群とは
下痢をして腹痛があると思ったら、今度は便秘…。便秘と下痢を繰り返すのは、過敏性腸症候群という腸疾患にかかっているかもしれません。ここでは、便秘と下痢が交互に起こる原因について紹介します。
落下腸の人は便秘や腸閉塞に注意!落下腸の見分け方
便秘に悩む人の多くが落下腸という話があります。落下腸は腸が正常の位置にないためつまり易く、便秘や腸閉塞にかかりやすいため注意が必要。ここでは、落下腸かどうかのチェック方法を紹介します。