便秘と便秘によって起こる症状の原因

便秘の原因は冷え性にあり!?以外と知らない内臓冷え性

便秘,冷え性

 

冷え性というと、手足や耳、鼻などの末端冷え性を先にイメージする人が多いかもしれませんが、

 

その他に胃腸などが冷える内臓冷え性というものがあります。

 

手足が温かかったり、暑いと感じていても、お腹を触ると冷たい…という経験はありませんか?

 

もしくは、お腹を温めると安心する…という経験がある人は、内臓冷え性である可能性が高いです。

 

内臓冷え性は便秘になりやすく、また、便秘が続くと内臓冷え性になりやすいので、

 

冷え性対策のついでに便秘対策も同時に行っていくと、とっても効率的ですよ♪


冷え性かどうかをチェック!便秘とどんな関係が!?

 

まず、自分が内臓冷え性なのかどうかを簡単にチェックする方法を紹介します。

 

 

朝起きたときに、自分の脇の温度と、お腹や太ももの温度を触って比べてみてください。

 

お腹や太ももが、脇の温度よりも冷たかったら冷え性の可能性があります。

 

また、お腹を温めると安心感があったり、暑い日でもお腹を触ると冷たい、という場合も同じです。

 

 

内臓冷え性は、血行が悪くなるために体熱の運びが遅くなることが原因と言われていて、血液の流れが悪くなることで、肩こりや頭痛、腰痛などを引き起こしやすくなります。

 

また、細胞は冷えると活動が停滞するため、胃腸が冷えることで消化吸収、排便などの働きが滞り、便秘になりやすい体質になるのです。

 

逆に、便秘が続くことによって腸内にたまったガスや便の有害物質が血液中に溶け出すことで血行が悪くなり、冷え性を引き起こすパターンもあります。

 

血行が悪くなると、むくみや肥満、また免疫力の低下につながり、さまざまな健康被害がでる可能性があるので、いち早く改善する必要があるんです。

 

ついやってしまう、冷え性になりやすい行動

 

薄着やクーラーなどで身体を冷やしてしまうこという事も原因の1つですが、

 

意外と気を付けたいのが、食べ物や飲み物です。

 

 

夏場は気温が暑いために、ついついアイスや冷やし中華、フルーツなど身体を冷やすものを立て続けに食べてしまいがち。

 

特にキンキンに冷えたビールやコーラなどが美味しく感じる季節でもありますが、冷えた飲み物は内臓をとっても冷やしてしまうので、たとえ気温が高くても身体に良くありません。

 

また、生野菜をたくさん食べたり、水分をたくさんとるという行動も、一見健康的にみえて実は内臓を冷やす原因となってしまうんです。

 

便秘解消のためにと生野菜や水分を取っていてもなかなか便秘が解消されない場合は、これらの食生活によって内臓が冷えてしまっているかもしれません。

脱!冷え性で便秘もスッキリ解消♪しよう!

便秘,冷え性

まず、

  • 身体を冷やさない
  • お風呂につかるようにする
  • 冷えた食べ物、飲み物を控える

は、冷え性対策として当たり前のことになりますが、忙しいと毎日お風呂につかるというのもなかなか難しいものです。

 

そこで、冷え性と便秘を同時に解決させる、超お勧めな方法があります♪

 

 

それは、

 

 

「お白湯」を飲むことです。

 

 

お白湯を飲むことで、胃腸を温めるだけでなく、刺激して排便を促す作用があります。

 

また、温かい液体は固まった便を柔らかくほぐしてくれる効果や、体温を上げて基礎代謝を上げてくれるのです!!

 

 

他にも、便秘に効くホットミルクやココア、豆乳なども温めて飲むと良いでしょう♪

 

 

私のお勧めは、

 

朝起きたらホットココアを一杯。

 

お昼すぎに温かい豆乳を一杯。

 

夜寝る前にホットミルクを一杯。

 

それ以外はなるべくお白湯を飲む。

 

 

という方法です!これは便秘にも冷え性にもかなり効きました!!!

 

それぞれカロリーが高いので、一日コップ一杯ずつ。ココアはなるべく糖質の低いものを選んでくださいね!

 

 

水を飲むときには、絶対に氷抜き。常温で飲みましょう。

 

 

もちろん、朝と寝る前にお白湯を飲むだけでも全然違います♪

 

徹底的に冷え性を改善したい方はぜひ、やってみてくださいね!!


関連ページ

あなたも便秘!?便秘になると起こる症状とその原因
便秘とは、一体どんな状態を言うと思いますか?自分は便秘だと思いますか?便秘になると、意外な症状が次々と引き起こることがあります。もしかして、便秘とは関係ないと思っていた身体の不調にも便秘が関係しているかもしれません。便秘になると一体どのような症状が出るのでしょうか?
便秘に吐き気や腹痛を伴うのは何故?放っておくと危険…
便秘が続くと、便秘によって吐き気や腹痛が起こることがあります。吐き気や腹痛が起こる程の便秘はかなり重症化している可能性があるので、一刻も早い対処が必要です。どうして便秘によって吐き気や腹痛が起こるのでしょうか?
便秘と下痢、胃痛の関係。便秘と下痢を繰り返す原因とは。
しばらく続いた便秘から下痢になるという経験はありませんか?便秘と下痢を繰り返したり、頻繁に胃痛が起こるのは胃腸からのSOS。放っておくと大きな病気に繋がりかねない状態です。ここでは、便秘と下痢を繰り返す原因を紹介します。
便秘と腹痛の症状と原因に関して徹底解説!
便秘になると腹痛が起こるのは何故でしょうか?便秘によってお腹が痛くなるのは、そうとう症状が重症化している可能性があるので、はやめの改善が必要になります。ここでは、便秘と腹痛の関係をわかりやすく解説します。
便秘で一週間以上便が出ないとどうなるのか?
1週間以上も便秘が続くとどんな危険があるのでしょうか?便は本来、1日1回以上は排出されるものですが、一週間以上もお腹の中にあるということは、生ごみを一週間放置している状態と同じ。命の危険に繋がる病気にかかる可能性もあります。
頑固な便秘が続くと腸閉塞(イレウス)に要注意!最悪死の危険も
頑固な便秘が長い期間続くと、腸閉塞(イレウス)が発症する危険が高まります。腸閉塞(イレウス)は最悪の場合死亡に繋がる恐ろしい病気。たかが便秘と放っておかずに、早急に対処する必要があるのです。
便秘と吐き気の意外な関係!?知っておくべき3つの原因
吐き気を感じるほどの便秘は、かなり重症化している可能性があるので注意が必要です。しかし、どうして便秘を放っておくと吐き気を催すようになるのでしょうか。ここでは、知っておくべき便秘と吐き気の関係をお話しします。
便秘と下痢で腹痛が止まらない!過敏性腸症候群とは
下痢をして腹痛があると思ったら、今度は便秘…。便秘と下痢を繰り返すのは、過敏性腸症候群という腸疾患にかかっているかもしれません。ここでは、便秘と下痢が交互に起こる原因について紹介します。
落下腸の人は便秘や腸閉塞に注意!落下腸の見分け方
便秘に悩む人の多くが落下腸という話があります。落下腸は腸が正常の位置にないためつまり易く、便秘や腸閉塞にかかりやすいため注意が必要。ここでは、落下腸かどうかのチェック方法を紹介します。
便秘によって発熱したり、発熱によって便秘になるのは何故か?
便秘になると発熱をしてしまうケースや、逆に発熱に伴って便秘になることがありますが、便秘と発熱は一体どのような関係があるのでしょうか?原因を理解して、症状の悪化を防ぎましょう。ここでは、便秘と発熱の関係について紹介します。
便秘が続いたら気を付けたい病気!放っておくと命の危険も…。
便秘が続くとさまざまな体の不調を引き起こしますが、さらにそれが続くと命に関わる大きな病気の原因となる可能性があります。便秘が続くことで引き起こされる病気はどのようなものがあるのか?原因を把握して予防しましょう!
ガスがたまって腹痛を起こす人の注意点!
便秘や生活習慣によってガスが腸内にたまると、腹痛を起こすことがあります。ガスが腸にたまる原因はさまざまですが、原因を突き止めることでガスによる腹痛を予防することができます。ここでは、お腹のガスをためてしまう人に注意してほしい点をいくつか紹介します。
便が細いのは便秘?ガン? 細い便の本当の原因
便は出るが、細い便しか出ないと、大腸がんのような大きな病気のサインではないかと心配になりますが、ただの便秘という事も多いに考えられます。ここでは、細い便が出る原因と、その見分け方をご紹介します。