便秘と下痢が続いて胃痛に…。これって病気?

胃痛が辛い、便秘と下痢を繰り返す症状。何が原因?

便秘から下痢,繰り返す,胃痛

 

便が出た?!と思ったら下痢…。便秘と下痢を繰り返すようになると、胃痛の症状も出てますます不安になります。

 

便秘と下痢は、症状こそ逆のように思えますが、どちらも同じ便通異常。

 

また、胃と腸はとても密接な関係にあるために、不調になる要因も似ていて、胃痛と便秘が併発する場合は根本的な原因は同じケースも多いです。

 

便秘、下痢、胃痛などの症状が併発している時は、根本的な原因を突き止め、全部まとめて改善していくのが良いですよ。


便秘と下痢を繰り返す3つの原因。

便秘と下痢が交互に繰り返される症状には必ず原因があります。

 

自分に当てはまる原因は何なのかを把握することで、胃腸の状態の悪化を防ぐことができるので、明確にしておきたいですよね。

 

便秘薬が原因?下剤の飲み過ぎが腸を弱くする!

便秘の症状がでるとすぐに市販の下剤に頼っている…ということはありませんか?

 

市販の便秘薬は、科学的な力で無理やり腸を刺激して排便させたり、効きすぎて下痢になるなどの理由で腸の本来の働きが弱くなってしまうことがあります。

 

腸の働きが弱くなると、下剤の服用時は一時的に排便があっても、またすぐに便がたまって便秘を再発するようになり、頑固な便秘体質となってしまうので、便秘薬の使用には注意が必要。

 

便秘を繰り返す度に下剤に頼っていると、腸が正常に働かなくなり、便秘と下痢を繰り返す悪循環に陥るケースもがあるのです。

 

今、便秘と下痢を繰り返すような状態なのだとしたら、下剤の服用はおすすめしません。
食事やストレッチからのアプローチの方がずっと効果的ですよ。

 

 

ストレスからくる痙攣性便秘は、下痢が起こるケースも…

便秘の中でも、ストレスが主な原因として起こる便秘を痙攣性便秘と呼びます。

 

その名の通り、腸が痙攣を起こしてしまっている状態。

 

腸の正常な働きは、自律神経によって信号が送られて成り立つものなのですが、この自律神経がストレスホルモンによって乱されてしまうと、腸も正常に動かなくなるために便秘が起こります。

 

この場合は、他の便秘と違って腸の運動が弱いことが原因なのではなく、腸が正常に動かないことが原因。

 

痙攣して動きすぎたり、まったく動かなくなったりを繰り返す傾向にあります。

 

動きすぎれば下痢になり、動かなくなれば便秘になる…というカタチで、便秘と下痢を繰り返します。

 

 

今増えている過敏性腸症候群。原因はやっぱりストレス!?

便秘から下痢,繰り返す,胃痛

過敏性腸症候群は、ストレスが繰り返されることで、腸のストレス反応が過敏になってしまい、ちょっとしたことでも大きな症状を引き起こすようになってしまう疾患です。

 

主な症状としては、

  • 腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • イライラ
  • 倦怠感

 

過敏性腸症候群は3つのタイプにわけられていて、それぞれ特徴が異なります。

  1. 下痢型 : 通勤、通学中など外出時に突然腹痛が起きて下痢になる
  2. 便秘型 : 便がウサギのフンのようなコロコロと小さく硬いものになって排便しにくくなる
  3. 混合型: 上記の便秘と下痢を交互に繰り返す

過敏性腸症候群の主な原因もストレスにあります。

 

ストレスによって胃腸の機能が低下したり、正常に動かなくなるのです。

 

また、あまりに頻繁に胃痛や、嘔吐が起こる場合は病院で大腸がんなどの大きな病気がないか検査する必要がありますが、
症状があるにも関わらず検査で異常が見つからない場合は、過敏性腸症候群の可能性が高いとされています。

便秘と下痢を繰り返している時は胃腸に負担をかけないで!

便秘と下痢を繰り返している時は、胃腸がとても敏感で弱っている状態です。
少しの負担も、胃痛などの症状に繋がってしまうので、なるべく負担をかけないように気をつけることが重要。

 

薬意外の原因はほとんどストレスによる自律神経の乱れなので、まずは自律神経を整えて、腸内環境を整えましょう!

 

間違っても、市販の下剤は飲まないでくださいね…。

 

 

具体的な改善方法としては、
自律神経を整えるストレッチや、健腸作用のある栄養素を積極的に取り入れるのが効果的です。

 

食べ物は、イモ類などに含まれる不溶性食物繊維よりも、果実やネバネバ系食品に含まれる水溶性食物繊維を主体的に摂ってください。

 

不溶性食物繊維も本来であれば便秘には効果的ですが、胃腸が刺激に過敏になっている時に食べると、胃痛や便秘が悪化することが良くあります。

 

まずは水溶性食物繊維や、オリゴ糖、乳酸菌を積極的に摂取して、腸内環境を整えていきましょう!

 

おすすめの食物繊維や乳酸菌はこのサイトでも紹介しているので、参考にしてくださいね!

関連ページ

あなたも便秘!?便秘になると起こる症状とその原因
便秘とは、一体どんな状態を言うと思いますか?自分は便秘だと思いますか?便秘になると、意外な症状が次々と引き起こることがあります。もしかして、便秘とは関係ないと思っていた身体の不調にも便秘が関係しているかもしれません。便秘になると一体どのような症状が出るのでしょうか?
便秘に吐き気や腹痛を伴うのは何故?放っておくと危険…
便秘が続くと、便秘によって吐き気や腹痛が起こることがあります。吐き気や腹痛が起こる程の便秘はかなり重症化している可能性があるので、一刻も早い対処が必要です。どうして便秘によって吐き気や腹痛が起こるのでしょうか?
便秘と腹痛の症状と原因に関して徹底解説!
便秘になると腹痛が起こるのは何故でしょうか?便秘によってお腹が痛くなるのは、そうとう症状が重症化している可能性があるので、はやめの改善が必要になります。ここでは、便秘と腹痛の関係をわかりやすく解説します。
便秘で一週間以上便が出ないとどうなるのか?
1週間以上も便秘が続くとどんな危険があるのでしょうか?便は本来、1日1回以上は排出されるものですが、一週間以上もお腹の中にあるということは、生ごみを一週間放置している状態と同じ。命の危険に繋がる病気にかかる可能性もあります。
頑固な便秘が続くと腸閉塞(イレウス)に要注意!最悪死の危険も
頑固な便秘が長い期間続くと、腸閉塞(イレウス)が発症する危険が高まります。腸閉塞(イレウス)は最悪の場合死亡に繋がる恐ろしい病気。たかが便秘と放っておかずに、早急に対処する必要があるのです。
便秘と吐き気の意外な関係!?知っておくべき3つの原因
吐き気を感じるほどの便秘は、かなり重症化している可能性があるので注意が必要です。しかし、どうして便秘を放っておくと吐き気を催すようになるのでしょうか。ここでは、知っておくべき便秘と吐き気の関係をお話しします。
便秘と下痢で腹痛が止まらない!過敏性腸症候群とは
下痢をして腹痛があると思ったら、今度は便秘…。便秘と下痢を繰り返すのは、過敏性腸症候群という腸疾患にかかっているかもしれません。ここでは、便秘と下痢が交互に起こる原因について紹介します。
落下腸の人は便秘や腸閉塞に注意!落下腸の見分け方
便秘に悩む人の多くが落下腸という話があります。落下腸は腸が正常の位置にないためつまり易く、便秘や腸閉塞にかかりやすいため注意が必要。ここでは、落下腸かどうかのチェック方法を紹介します。