便秘が一週間以上続くと起こる、危険な症状

便秘に慣れてしまって、一週間以上もウンチが出ていない!?

便秘,一週間以上,出ない

一週間以上ウンチが出ない日が続けば、身体の不調に辛い思いをするのがほとんどですが、中には身体が便秘に慣れてしまって、特に不快感を感じないという人もいるようです。

 

また、お腹の張りや腹痛などの不調があるにも関わらず、それにすら慣れてしまって放っておいているという人もいるみたいですね。

 

便秘は生活習慣の何気ない要因が積み重なって重症化することが多いので、いざ便秘が悪化しても何をどう改善したらいいのかが分かりにくいこともあります。

 

しかし、だからといって放置してしまっていると、最悪命の危険にさらされる可能性があります。
便が一週間以上出ないというのは、身体にとってとんでもなく大変なことなのです!


便が一週間以上出ないとどんな症状が出るのか?

身体が慣れてしまって、不調を感じにくい人もいますが、大抵の場合は以下のような症状が出てきます。

  • 下っ腹がポッコリと出てくる
  • お腹が張って苦しい
  • 肌が油っぽくなり、ニキビなどのトラブルが起こりやすい
  • 体臭・口臭がキツくなる
  • イライラしやすくなり、マイナス思考になりがち
  • 足がむくみやすくなる
  • ふとした瞬間にズキズキ腹痛がある
  • 食欲が減退する
  • 吐き気に襲われることがある
  • 太りやすくなる

 

どうでしょうか。一つでも、思い当たる症状があったんじゃないでしょうか??

 

便が排出されないという事は、本来身体の外に排出されるべき余分な水分や脂質、老廃物が大腸にとどまっていることで身体に吸収されてしまい、肥満体質になったり、ニキビやむくみが起こりやすくなります。

 

一週間以上放置された生ゴミが体内にあるのと同じ状態

便は、自分が食べた食べ物から、必要な分の栄養素や水分を抜いた残りカスのようなもの。生ゴミのようなものです。

 

生ゴミが一週間放置されていたらどうなりますか??

 

 

…そう、腐って、嫌な匂いがしますよね。

 

 

まさに腸内でも同じことが起こっているんです。

 

便が腐って有毒なガスが発生し、腸内に充満して周囲の内蔵や血管を圧迫することによって腹痛や吐き気の症状が出てきます。

 

また、
腸内に充満したガスが血液中に溶け込み、身体中をめぐることで血液の流れが悪くなり、腰痛や肩こり、頭痛、またニキビなどの吹き出物にも繋がります。

便秘を一週間以上放っておくと病気が発症する危険が高まる

便秘,一週間以上,出ない

以上まででもわかるように、便秘は身体のさまざまな不調を引き起こします。

 

中でも、便秘によってダイレクトにダメージを受けてしまうのが大腸。

 

便秘による腸内環境の悪化は、大腸がんの危険を高めます。
 
大腸がんの初期症状は便秘の症状と似ていることが多いのですが、大腸がんの場合は血便が出るというのが大きな特徴です。

 

お腹の不快感や便通異常と共に、便に血が付いている場合はすぐに病院へ言って医師に相談しましょう。

 

 

また、腸内環境の悪化はイライラやマイナス思考の原因ともなるので、ストレスを感じやすくなります。

 

便秘を気にせずに肉類中心の食生活を続けていたり、タバコを頻繁に吸っていおると、腸内環境はどんどん悪化していきます。

 

胃腸が弱っている状態でストレスを感じやすくなると、過敏性腸症候群という腸疾患にかかる可能性が高まります。

 

過敏性腸症候群は、ストレスホルモンによって自律神経が乱れ、腸が正常に動かなくなるもので、
慢性的な便秘や、コロコロ便、また便秘と下痢を繰り返すなどの便通異常が日常的になります。

 

過敏性腸症候群は、ストレスに免疫の無い20代に多くみられる他、便秘に悩む半数以上の人がすでにかかっている腸疾患とも言われているのです。

 

私も、おそらく過敏性腸症候群だったと思います。

 

1週間以上出ない時は腸閉塞(イレウス)に注意!

腸閉塞(イレウス)は、便が硬くなることによって腸が詰まる病気です。

 

腸が詰まると、立ってはいられない程の激しい腹痛に襲われ、救急車で病院に運ばれて、腸内の便を摘出する手術が行われます。

 

腸が詰まった時に、周りに救急車を呼んでくれる人がいれば良いのですが、最悪の場合間に合わなければそのまま死亡してしまう病気です。

 

便は、腸内に長時間放置されることでどんどん小さく、硬くなっていきます。

 

腸閉塞で亡くなる人の便は、まるでコンクリートのように固くなっていると言われているほど。

 

腸閉塞は、1週間以上排便がないと発症する危険性が高まると言われているので、1番注意したい病気ですね。

 

とにかく便を柔らかくし、腸内環境を整えることが重要!

この期に及んで、便を固くするような食生活を送っていはいませんよね??

 

まずはカチカチになった便を柔らかくし、腸内環境を整えることがとても重要。

 

頑固な便秘も、食生活をガラっと変えるだけで案外スッキリできることもあるんですよ。

 

一週間異常排便がないときに気をつけたい6つのポイントは以下のとおりです。

  • お腹を冷やさない
  • 温かい飲み物を積極的に飲む
  • 消化に優しい食事を徹底する
  • 排便があるまで肉や魚の動物性タンパク質は避ける
  • オリゴ糖や乳酸菌、ビフィズス菌を意識して摂取する
  • 6時間の睡眠と早起きを心がける

 

普通に暮らしているつもりでも、食生活が乱れてくるのは今の時代当然とも言えます。

 

排便があるまでは、健康的な食生活に一層気を配る必要があるのです。

 

大きな病気に繋がる前に、今日から食生活を見直し、お腹の便をスッキリさせてくださいね!!

 

≫一週間出ない便秘のおすすめの解消法!≪

関連ページ

あなたも便秘!?便秘になると起こる症状とその原因
便秘とは、一体どんな状態を言うと思いますか?自分は便秘だと思いますか?便秘になると、意外な症状が次々と引き起こることがあります。もしかして、便秘とは関係ないと思っていた身体の不調にも便秘が関係しているかもしれません。便秘になると一体どのような症状が出るのでしょうか?
便秘に吐き気や腹痛を伴うのは何故?放っておくと危険…
便秘が続くと、便秘によって吐き気や腹痛が起こることがあります。吐き気や腹痛が起こる程の便秘はかなり重症化している可能性があるので、一刻も早い対処が必要です。どうして便秘によって吐き気や腹痛が起こるのでしょうか?
便秘と下痢、胃痛の関係。便秘と下痢を繰り返す原因とは。
しばらく続いた便秘から下痢になるという経験はありませんか?便秘と下痢を繰り返したり、頻繁に胃痛が起こるのは胃腸からのSOS。放っておくと大きな病気に繋がりかねない状態です。ここでは、便秘と下痢を繰り返す原因を紹介します。
便秘と腹痛の症状と原因に関して徹底解説!
便秘になると腹痛が起こるのは何故でしょうか?便秘によってお腹が痛くなるのは、そうとう症状が重症化している可能性があるので、はやめの改善が必要になります。ここでは、便秘と腹痛の関係をわかりやすく解説します。
頑固な便秘が続くと腸閉塞(イレウス)に要注意!最悪死の危険も
頑固な便秘が長い期間続くと、腸閉塞(イレウス)が発症する危険が高まります。腸閉塞(イレウス)は最悪の場合死亡に繋がる恐ろしい病気。たかが便秘と放っておかずに、早急に対処する必要があるのです。
便秘と吐き気の意外な関係!?知っておくべき3つの原因
吐き気を感じるほどの便秘は、かなり重症化している可能性があるので注意が必要です。しかし、どうして便秘を放っておくと吐き気を催すようになるのでしょうか。ここでは、知っておくべき便秘と吐き気の関係をお話しします。
便秘と下痢で腹痛が止まらない!過敏性腸症候群とは
下痢をして腹痛があると思ったら、今度は便秘…。便秘と下痢を繰り返すのは、過敏性腸症候群という腸疾患にかかっているかもしれません。ここでは、便秘と下痢が交互に起こる原因について紹介します。
落下腸の人は便秘や腸閉塞に注意!落下腸の見分け方
便秘に悩む人の多くが落下腸という話があります。落下腸は腸が正常の位置にないためつまり易く、便秘や腸閉塞にかかりやすいため注意が必要。ここでは、落下腸かどうかのチェック方法を紹介します。