ガスがたまると腹痛が起こる原因とは!?

ガスがお腹にたまると激痛を起こすのは、何が原因?

ガス,腹痛,便秘

 

腸内にガスがたまることによって起こる腹痛は、軽いものから耐えがたいほどの激痛を引き起こします。

 

中には、夜中にガスによる腹痛で目を覚ますほどの人がいるくらいです。

 

そもそも、ガスがお腹にたまらなければ腹痛も起こらないんですが、ガスをお腹にためる人にはある特徴があるのです。

 

まずは、「どうして腸内にガスがたまるのか」

 

そして、「ガスをためやすい人の特徴と、注意点」

 

をご紹介します。


腹痛の原因となるガスは、どうやってたまるのか??

 

そもそも、ガス(=おなら)ですが、どこから発生するんでしょうか??

 

それは便…、つまり自分が食べた食べ物の残りカスから発生します。

 

 

わかりやすい例が、生ゴミです。

 

食材は、必要な部分だけを調理に使って、残りの皮や骨などは生ゴミとして捨てますよね。

 

生ゴミは、キツイ臭いを発生させています。そして、日にちが経つごとに、生ゴミは腐り、臭いは強烈になります。

 

これと同じことが、私たちの腸内で起こっています。

 

そしてこの強烈な臭いが、オナラ。つまりガスなのです。

 

 

私たちはご飯を食べて、胃でドロドロに溶かされ、腸内でゆっくり必要な栄養素や水分を吸収されて、固形になっていきます。

 

この食べカスから、ガスが発生しているんですね。

 

 

これが、便秘で詰まっていたり、腸の活動が停滞していると、食べカスが長期間ほうっておかれて腐っていき、大量の有毒なガスを発生させるのです。

 

 

便秘じゃなかったとしても、宿便や、食生活、腸内環境の悪化によって、ガスは大量に発生することがあります。

 

ガスが内臓を圧迫して腹痛が起こる!

腸内にガスがたまると、便や周りの内臓、血管を圧迫することで腹痛が起こります。

 

特に便秘になると、肛門からガスを出すことも難しく、ガスが腸内に充満して激しい腹痛が起こるケースもあります。

 

また、身体にとって有害なガスが腸にたまると、なんとかして体外に排出しようと、吐き気が出たり、
血液にガスが溶け出して体を巡り、汗や体臭となって排出されることもあります。

 

血液中にガスが溶け出すと、血行が悪くなるためにむくみやすくなったり、ニキビなどの肌トラブル、また腰痛や頭痛、肩こりなどさまざまな不調が身体に起こってくるので、万病の元とも言えるかもしれません。

ガスがたまって腹痛が起こる人の特徴

ガス,腹痛,便秘

  • 肉や魚など、動物性たんぱく質中心の食事
  • 睡眠不足
  • ストレスを感じやすい
  • 便秘体質
  • アトピーやアレルギー体質
  • オナラやトイレを我慢しがち
  • デスクワークなどで座りっぱなしのことが多い
  • 下っ腹が出ている
  • 冷え性(お腹だけがいつも冷たい内臓冷え性)
  • 生理前に便秘になりやすい

 

結構、当てはまるものありますよね?
当てはまる数が多いほど、ガスが充満している可能性が高くなります。

 

これらに共通しているのは、何だと思いますか??

 

 

 

 

 

 

…ぶぶー!!!(やりたかった)

 

答えは、腸内環境の悪化です。

 

もちろん、腸の働きが悪くなることも、結果的に腸内環境を悪くすることに繋がります。

 

 

特に女性は、生理や妊娠によって女性ホルモンが変化し、その影響で腸の働きが弱くなる傾向にあります。
腸の働きが弱い時に、肉類や魚など、腐りやすい食事をとっていると、ガスがよりたまりやすくなるというわけですね。

 

アトピーやアレルギー体質も、比較的腸内環境が悪い状態にある場合が多く、免疫力が低下することによってアレルギー反応を起こしやすくなっていると言われています。

 

 

また、慢性的な便秘を抱えている場合は、ほぼ間違いなく腸内環境が良くありません。

 

ガスがたまる原因は、腸内環境の悪化にあるわけですね!!

 

ガスがたまっていると感じたら注意したい事!

  • 肉類はさけ、野菜や大豆中心の食生活にする
  • 主食はご飯で統一
  • 便意は我慢せず、余裕をもってトイレに行く癖をつける
  • 睡眠をしっかりとり、ストレス対策をする
  • 飲み物は、常温か温かいものにして、内臓を冷やさない
  • ヨガやストレッチなど適度な運動をする

 

腸内環境の悪化がガスの原因ですから、普段から腸内環境を良くすることを意識しましょう!

 

例えば、乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖やクエン酸などの、腸内環境を整える成分を意識して摂取したり、
食物繊維や、スパイスの効いた胃腸を活性化させる食べ物を意識するだけでも、だいぶ変わってきますよ♪

 

 

便秘を抱えているあなたは、まず一刻も早く便を出しましょう!!


関連ページ

あなたも便秘!?便秘になると起こる症状とその原因
便秘とは、一体どんな状態を言うと思いますか?自分は便秘だと思いますか?便秘になると、意外な症状が次々と引き起こることがあります。もしかして、便秘とは関係ないと思っていた身体の不調にも便秘が関係しているかもしれません。便秘になると一体どのような症状が出るのでしょうか?
便秘に吐き気や腹痛を伴うのは何故?放っておくと危険…
便秘が続くと、便秘によって吐き気や腹痛が起こることがあります。吐き気や腹痛が起こる程の便秘はかなり重症化している可能性があるので、一刻も早い対処が必要です。どうして便秘によって吐き気や腹痛が起こるのでしょうか?
便秘と下痢、胃痛の関係。便秘と下痢を繰り返す原因とは。
しばらく続いた便秘から下痢になるという経験はありませんか?便秘と下痢を繰り返したり、頻繁に胃痛が起こるのは胃腸からのSOS。放っておくと大きな病気に繋がりかねない状態です。ここでは、便秘と下痢を繰り返す原因を紹介します。
便秘と腹痛の症状と原因に関して徹底解説!
便秘になると腹痛が起こるのは何故でしょうか?便秘によってお腹が痛くなるのは、そうとう症状が重症化している可能性があるので、はやめの改善が必要になります。ここでは、便秘と腹痛の関係をわかりやすく解説します。
便秘で一週間以上便が出ないとどうなるのか?
1週間以上も便秘が続くとどんな危険があるのでしょうか?便は本来、1日1回以上は排出されるものですが、一週間以上もお腹の中にあるということは、生ごみを一週間放置している状態と同じ。命の危険に繋がる病気にかかる可能性もあります。
頑固な便秘が続くと腸閉塞(イレウス)に要注意!最悪死の危険も
頑固な便秘が長い期間続くと、腸閉塞(イレウス)が発症する危険が高まります。腸閉塞(イレウス)は最悪の場合死亡に繋がる恐ろしい病気。たかが便秘と放っておかずに、早急に対処する必要があるのです。
便秘と吐き気の意外な関係!?知っておくべき3つの原因
吐き気を感じるほどの便秘は、かなり重症化している可能性があるので注意が必要です。しかし、どうして便秘を放っておくと吐き気を催すようになるのでしょうか。ここでは、知っておくべき便秘と吐き気の関係をお話しします。
便秘と下痢で腹痛が止まらない!過敏性腸症候群とは
下痢をして腹痛があると思ったら、今度は便秘…。便秘と下痢を繰り返すのは、過敏性腸症候群という腸疾患にかかっているかもしれません。ここでは、便秘と下痢が交互に起こる原因について紹介します。
落下腸の人は便秘や腸閉塞に注意!落下腸の見分け方
便秘に悩む人の多くが落下腸という話があります。落下腸は腸が正常の位置にないためつまり易く、便秘や腸閉塞にかかりやすいため注意が必要。ここでは、落下腸かどうかのチェック方法を紹介します。
便秘によって発熱したり、発熱によって便秘になるのは何故か?
便秘になると発熱をしてしまうケースや、逆に発熱に伴って便秘になることがありますが、便秘と発熱は一体どのような関係があるのでしょうか?原因を理解して、症状の悪化を防ぎましょう。ここでは、便秘と発熱の関係について紹介します。
便秘が続いたら気を付けたい病気!放っておくと命の危険も…。
便秘が続くとさまざまな体の不調を引き起こしますが、さらにそれが続くと命に関わる大きな病気の原因となる可能性があります。便秘が続くことで引き起こされる病気はどのようなものがあるのか?原因を把握して予防しましょう!